TOP


メニュー















所謂一眼レフってどんなカメラ?

最近「カメラ女子」などで何かと話題の「一眼レフ」。
いったいどういったカメラなのでしょうか。

「一眼」とは、カメラに使われているレンズがひとつであるという意味です。
「レフ」はレフレックス(反射)の省略。
つまり、カメラの内部にミラーを入れ、
そこに光を反射させているので、
レンズにうつる景色をリアルタイムに肉眼で確認できるカメラです。
(ファインダーで目にした光景がそのまま写真になります)。

「一眼レフ」には他にもいくつか主だった特徴があります。
「カメラ本体が重い」「ピント合わせが早い」
「レンズを付け替えることで効果のある写真が撮れる」
「値段が高い」など、その他のデジカメやミラーレスとは異なる点も多いです。

全体的にカメラ本体やレンズの値段が高め(数万~数十万ほど)ですので、
「一眼レフ」を使われる方はカメラに造詣が深い人が多いです。

しかし近年ではお手頃な値段の「一眼レフ」も増えてきており、
これから本格的にカメラの勉強がしたい、
写真を趣味として始めたいと考えている方には、
ぜひおすすめしたいカメラでもあります。

画素数も多く、性能的に熟しているので、美しい写真を撮影できます。

広角レンズや近接レンズなど、様々な効果のあるレンズを楽しめるのも魅力的です。

   
 

新着記事











サイトタイトル